館長 二宮 城光(円心会館創立者)
1954年 愛媛県八幡浜生
1969年 極真会館入門
1973年 第5回極真会館全日本大会6位入賞
1975年 極真会館第一回世界大会3位
1976年 第8回極真会館全日本大会2位
1978年 第10回 極真会館全日本大会優勝
1988年 国際空手道円心会館設立
 現役時代には、その華麗で重厚な技は多くの人々を魅了し、「貴公子」「天才」との異名を得た。1988年に自らの理想を求め「国際空手道円心会館」を設立。世界30数か国に支部を持ち、武道としての空手の普及に努める一方、オープントーナメントの世界大会「ワールドサバキチャレンジ」を頂点とする各国大会を毎年開催している。
 現在では、米国デンバーの国際総本部にて直接指導はもちろん、自らに課す厳しい稽古も怠ることはなく、各種規模の大会や円心空手セミナーなどのために世界各国を訪れている。
佐賀支部長 廣瀬 幸成
1969年 佐賀県佐賀市生
1983年 日本実践空手道連盟誠道館入門(大塚剛館長:元プロ空手主催者)
2001年 円心会館佐賀支部入門(以後、九州大会、全日本大会出場)
2018年 円心会館佐賀支部長就任
 元海上自衛官で、細身ながら抜群の体力を有し、31歳で実兄に誘われて円心空手に入門後、サバキチャレンジ九州大会のみならず、サバキチャレンジ全日本大会にも出場。
 2018年3月には、48歳にしてサバキチャレンジ九州大会(シニア・アドバンス)の部に出場を決意していたところ、急遽、佐賀支部長就任が決定。
 支部長が負けることは絶対に許されないとのプレッシャーを跳ね返し、40~50歳代ながら並み居るハイレベルの円心ファイターを下して見事優勝した。
 「理合なきは武道に非ず」、「今持っている身体を最大限有効に活用する」を信条とし、常に突き・蹴り、崩し・投げ等全ての術理解明に余念がなく、正確、かつ分かり易いサバキテクニックの指導に努めている。
佐賀支部指導員 廣瀬 幸史[三段]
1967年 佐賀県佐賀市生
1983年 日本実践空手道連盟誠道館入門(大塚剛館長:元プロ空手主催者)
1985年 誠道館黒帯取得(同年福岡国際センターでプロ空手の試合に出場)
1986年 極真会館福岡支部入門を経て、芦原会館北九州支部入門
1988年 芦原会館黒帯取得(以後、極真会館主催の大会に2度出場)
1998年 円心会館佐賀支部発足に伴い入門、現在に至る
 高校入学直後から、柔道部入部と並行して顔面掌底攻撃、投げ技有りのフルコンタクト空手を経験。
 大学進学後から「サバキテクニック」に魅了され、芦原会館入門を経て30歳で二宮館長の円心会館入門。
 芦原会館在籍時には、二宮館長にお会いする機会はなかったが、ビデオ「SABAKI METHOD(サバキメソッド)」によって円心空手の素晴らしさを知るととともに、アームガードトレーニング等を積極的に練習に取り入れるなどしていた。
 その後、館長及び林総師範とご縁があり、円心空手を習得して普及すべく佐賀支部発足当初から在籍する当支部最古参の門下生である。
※戦績:2001年サバキチャレンジ九州大会一般アドバンス軽・中量級Ⅰ優勝     
佐賀支部指導員 岸川 安男[二段]
 1975年生[プロフィール準備中]
佐賀支部指導員 光吉 光明[初段]
 1980年 佐賀県小城市生
※戦績 サバキチャレンジ九州大会
 2007年 一般ベーシック70kg以上 優勝
 2008年 一般アドバンス      準優勝
 その他、サバキチャレンジ全日本大会出場